熊本地震 | 政治・選挙プラットフォーム 【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ >  記事 >  テーマ >  熊本地震

熊本地震

2016年4月14日21時26分に、熊本県と大分県で発生したM6.5の地震は震度7を記録、16日1時25分には本震とみられるM7.3(震度7)の地震が起こりました。その後も地震が頻発しており、多くの住民が避難生活を余儀なくされています。一連の地震活動は、気象庁により「平成28年(2016年)熊本地震」と名付けられました。

国・行政の動き

支援・寄附について

  • 熊本地震から1年、震災が明らかにした地域の課題2017年4月28日

    政治・選挙プラットフォーム政治山【記事】2度の大きな揺れに襲われた熊本地震から1年。今なお多くの被災者が避難生活を余儀なくされていますが、復興に向けてどのような取り組みが行われているのでしょうか。震災直後に現地入りして今も活動を続けている、日本財団災害復興支援センター熊本本部の梅谷佳明センター長にお話をうかがいました。

  • 【ふるさと納税】熊本県、1週間で約1億5000万円の寄附2016年5月2日

    熊本県と大分県では、地震災害からの復興のため、「ふるさと納税」を通した支援を呼びかけている。ふるさと納税は、都道府県、市区町村への「寄附」。自己負担額の2000円を除いた全額が控除の対象となる。

  • ソラシドエア、熊本地震で「義援マイル」 1マイル1円を日本赤十字社に寄付2016年4月26日

    ソラシドエアは、熊本地震の被災者支援のため、マイレージプログラム「ソラシドスマイルクラブ」会員を対象に、「ソラシドスマイルクラブ義援マイル」を5月31日午後5時30分まで実施している。

  • 被災地支援、政治家がやっていいことと、やってはいけないこと2016年4月22日

    地震や台風などの天災が発生したとき、被災地を選挙区とする国会議員や地方議員は、義援金や支援金を送ったり、支援物資を提供したりすることはできるのでしょうか?

  • 被災地の必要物資、ツイッター情報もとに地図表示―情報通信研究機構がサイト開設2016年4月21日

    国立研究開発法人「情報通信研究機構」は17日、ツイッター情報を元に、被災地で必要な物資を地図上に表示するウェブサイト「DISAANA(ディサーナ)- 対災害SNS情報分析システム」を開設しました。

  • 支援金と義援金の違い2016年4月18日

    「支援金」と「義援金」の違いをちゃんと理解されていますか?「支援金」と「義援金」では、お金の使われ方などが大きく違います。心のこもった募金だからこそ、その違いをしっかりと把握して被災者や支援団体を支えてください。

  • 熊本県内の駅・コンビニで初のWi-Fi無料開放2016年4月15日

    大手通信会社などで構成される「無線LANビジネス推進連絡会」は熊本県での地震を受け、県内でのWi-Fi(公衆無線LAN)を無料開放しています。

被災者の健康

  • 熊本地震で被災した重度障害者が入院する場合、例外的に付き添いを認める―厚労省2016年5月23日

    熊本地震で被災し入院した「コミュニケーションなどに特別の技術が必要な重度障害者」については、入院前から支援を行ってる支援者が入院に付き添い、患者の生活支援を行ってもよい―。厚生労働省は13日に、このような内容の事務連絡を行いました。

  • 避難所でも実践したい肺炎予防の口腔ケア2016年5月2日

    熊本地震の発生から1週間、いまだ多くの人が避難所や車中泊での不便な暮らしを強いられています。長期化する避難生活で健康を維持するために気を付けるべきポイントは沢山ありますが、歯科医師の立場から、高齢者に多い肺炎を予防するための口腔ケアについて解説します。

  • 地震にあった人に周囲が今できる心理的な援助について2016年4月26日

    地震などの自然災害の被害にあった人に対して、心理専門家でなくても今できる心理的な援助について、これまでの心理学の研究結果や私自身のカウンセリング経験から述べたいと思います。

関連記事

そのほかのテーマ