[福岡・飯塚市]市議会でペーパーレス会議の試行を開始  |  政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ    >   記事    >   [福岡・飯塚市]市議会でペーパーレス会議の試行を開始

[福岡・飯塚市]市議会でペーパーレス会議の試行を開始 (2017/12/5 株式会社ぎょうせい

関連ワード : ICT 地方議会 福岡 議会改革 飯塚市 
タブレット端末

※写真はイメージです

 福岡県飯塚市(13万500人)議会は、議員28人にタブレット端末を貸与し、9月定例会からペーパーレス会議の試行を開始した。会議に提出される大量の紙資料作成に要する印刷製本費の削減を図るとともに、クラウドシステムを使用して、タブレット端末でいつでもどこでも会議資料や市の各種計画等を閲覧・検索できる機能などにより議員活動をアシストする。

 議員のタブレット端末は資料の見やすさを優先し、画面がA4用紙とほぼ同サイズとなる約13インチ。市職員も同時期に導入したが、通常業務にも使用できるよう、クレードル(スタンド型の充電などを行える機器)と接続して卓上で使用可能なWindowsタブレットとしている。

(月刊「ガバナンス」2017年11月号・DATA BANK2017)

株式会社ぎょうせい

株式会社ぎょうせいは、1893年(明治26年)の創業以来、当社は各行政分野の専門法規集、都道府県・市区町村例規集など多数の行政・自治分野に関わる書籍を発行してきました。「月刊ガバナンス」は、自治体職員の総合情報誌として2001年(平成13年)に創刊し、自治体職員の皆様をはじめ、議員や地方自治に携わる多くの方々にご愛読いただいています。

関連記事
逗子市議会が導入した「クラウド文書共有システム」について
ICTを活用した新しい議会の姿 ~逗子市議会「クラウド文書共有システム」導入による議論の深化~
福井銀行がPFUのe-文書ソリューションを採用、ペーパーレス化について
政策比較表を読み解く―都議会議員選挙で議会改革は進むのか
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
関連ワード : ICT 地方議会 福岡 議会改革 飯塚市