築地市場の豊洲移転問題、4割が「延期して安全性を調査」  |  政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ >  調査・分析 >  クリックリサーチ >  築地市場の豊洲移転問題、4割が「延期して安全性を調査」

築地市場の豊洲移転問題、4割が「延期して安全性を調査」 (2016/9/9 政治山)

 築地市場の豊洲移転について小池都知事は、土壌の安全性に疑問があるとして11月の移転を延期する方針を示しました。政治山では8月30日から9月6日に、「老朽化した築地市場の移転について、どうするのが望ましいと思いますか?」といった内容で、政治山ユーザーにアンケートを実施しました。

 最も多かったのは「延期して安全性の調査をする」41.0%、続いて「移転せずに築地を改装する」24.1%、「予定通り11月に移転する」22.9%、「判断がつかない」9.6%、「別の移転先を探す」2.4%という結果でした。

政治山クリックリサーチ(8月30日~9月6実施)

回答数:83
調査期間:2016年8月30日~9月6日
調査方法:政治山クリックリサーチ(択一方式の簡易アンケートシステム)

関連記事
【アンケート】新しい民進党に期待することは?(~9/13実施)
出口の見えない豊洲移転、大田市場への移転はあるのか―岡高志区議
「盛り土なし」都知事会見前日に都庁職員の説明を受けた渡部区議が動画公開
小池都知事を悩ます築地市場の豊洲移転、何が問題なのか?
【築地移転】行政にはしごを外されたとき