香芝市長選、新人の福岡氏が現職を破り初当選  |  政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ    >   記事    >   香芝市長選、新人の福岡氏が現職を破り初当選

香芝市長選、新人の福岡氏が現職を破り初当選 (2020/5/24 政治山)

関連ワード : 奈良 選挙 選挙結果 香芝市 
投票

※写真はイメージです

 任期満了に伴う香芝市長選(奈良県)は24日投開票され、無所属の新人で元市議の福岡憲宏氏(46)が1万3632票(得票率50.9%)を獲得し、無所属の現職で3選を目指した吉田弘明氏(59)を破って初当選しました。

 香芝市長選挙(2020年5月24日投票)投開票結果

 福岡氏は奈良市出身、同志社大学経済学部卒。学習塾を経営し、香芝市議を2期務めました。任期は6月3日から4年間です。

 当日有権者数は6万2859人。投票率は選挙戦となった前々回(2012年)を2.49ポイント上回る43.09%でした。

 香芝市は、2015(平成27)年の国勢調査によると、総人口は7万7561人で、人口増減率がプラス3.1%、平均年齢は42.91歳で全国73位、県内1位です。総務省の「地方財政状況調査」(2018年)では、予算規模は歳入が243億8523万円、歳出が239億1350万円です。

関連記事
香芝市長選挙(2020年5月24日投票)投開票結果
香芝市の人口・財政・選挙・議員報酬
置戸町長選、深川氏が新人の一騎討ちを制して初当選
別海町長選、現職の曽根氏が再選
安芸太田町長選、橋本氏が新人の一騎討ちを制して初当選
関連ワード : 奈良 選挙 選挙結果 香芝市