富山市議選、松江市長選など、4月16日の選挙結果  |  政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ >  選挙 >  富山市議選、松江市長選など、4月16日の選挙結果

富山市議選、松江市長選など、4月16日の選挙結果 (2017/4/18 政治山)

 4月16日は今春もっとも多くの選挙が執行され、郡山市長選(福島県)、日野市長選(東京都)、富山市長選・市議選(富山県)、佐久市長選・市議選(長野県)、磐田市長選・市議選(静岡県)、宝塚市長選(兵庫県)、松江市長選・市議選(島根県)、丸亀市長選・市議選(香川県)、豊後大野市長選・市議選(大分県)などが行われました。

 昨年、政務活動費の不正受給に揺れた富山市議会(定数38)の任期満了に伴う選挙は58人が立候補し、現職31、新人7が当選しました。党派別では自民22、公明4、社民3、共産2、維新2、政策チーム光2、民進1、無所属2です。不正に関与して辞職した者のうち、唯一立候補した元職は落選しました。投票率は前回(2013年)を5.22ポイント下回る47.83%でした。

 任期満了に伴う豊後大野市長選は、新人で元市職員の川野文敏氏(58)が12,296票(得票率50.2%)を獲得し、3選を目指した現職の橋本祐輔氏(63)に91票差で競り勝ち、初当選しました。投票率は前回(2013年)を2.95ポイント下回る77.28%でした。

※は無投票

4月16日投票の選挙結果

4月23日投票予定の選挙

◇     ◇     ◇

そのほかの選挙を探すには選挙検索をご利用ください>>

関連記事
2017年選挙スケジュール(任期満了日順)
辞職ドミノが続く富山市議会 政務活動費問題はなぜなくならない
富山市議会、欠員10人でも解散しない現職の事情
政務活動費の申請から交付までの流れ―なぜ不正は後を絶たないのか?
投票所一番乗りに与えられる特別の任務