外国実習生、不当な労働実態訴え 野党が合同ヒアリング  |  政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ    >   記事    >   外国実習生、不当な労働実態訴え 野党が合同ヒアリング

外国実習生、不当な労働実態訴え 野党が合同ヒアリング (2018/11/8 共同通信)

関連ワード : 労働・雇用 国会 外国人労働者 

立憲民主や共産など野党は8日、外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案に関する合同ヒアリングを国会内で開き、外国人技能実習生から状況を聴いた。実習生らは不当な低賃金労働や長時間労働を強い…[続きを読む]

外国実習生、不当な労働実態訴え 野党が合同ヒアリング

外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案に関する野党の合同ヒアリングで、不当な労働実態などを訴えて涙ぐむ外国人技能実習生の女性(右端)ら=8日午後、国会内

関連記事
労働力不足の穴埋め?外国人技能実習制度の現状と課題
建前は「国際協力」、本音は「低コストな労働力の確保」 外国人技能実習制度を巡る日本の思惑
真の開国実現へ日本が求められるビジョンと覚悟
歪な外国人活用の仕組み是正に動く組織も
外国人労働者が増大する一方で“正門”がない日本の矛盾
関連ワード : 労働・雇用 国会 外国人労働者