第32回政治山調査「監視カメラ設置68%が賛成、抑止より検証に効果」  |  政治・選挙プラットフォーム【政治山】

トップ >  調査・分析 >  政治山調査 >  第32回政治山調査「監視カメラ設置68%が賛成、抑止より検証に効果」

第32回政治山調査「監視カメラ設置68%が賛成、抑止より検証に効果」 (2015/10/2 政治山)

関連ワード : 調査 防犯 
Pocket

 私たちの暮らしに広く浸透している監視カメラ。国内に設置されている監視カメラは500万台を超えると言われています。犯罪捜査の決め手として用いられるだけでなく、防犯・防災から生活や労働状況の記録まで、その用途は多岐にわたります。同時に監視社会における息苦しさやプライバシーの侵害を危惧する声も少なくなく、その運用には厳格なルールが求められています。設置の目的や場所、情報の保存期間は、どの程度まで許容されるのでしょうか。

 政治山では、全国の20歳以上の男女を対象に9月18日から20日まで、インターネット意識調査「政治山リサーチ」を用いた調査を実施しました(回答数2,215)。今回はその概要をお届けします。

監視カメラ設置、賛成68.3%反対10.8%

 まずはじめに、監視カメラの設置に対してどのように思うかをたずねた(グラフ1)。「設置すべき」33.7%と「どちらかと言えば設置すべき」34.7%をあわせて、68.3%が設置に肯定的だった。反対に「設置すべきでない」4.3%と「どちらかと言えば設置すべきでない」6.5%をあわせると10.8%で、否定的な意見は少数にとどまった。

(グラフ1)あなたは監視カメラの設置に対して、どのように思いますか?

効果的なのは「犯罪の捜査」と「事故の検証」

 次に、監視カメラ設置の目的ごとに、効果があると思うかをたずねたところ、肯定的な回答がもっとも多かったのは「犯罪の捜査」の87.5%で、「事故の検証」が84.9%と続いた(グラフ2)。反対に肯定的な回答がもっとも少なかったのは「マーケティングへの応用」で44.6%、続いて「事故の防止」が52.6%だった。

 抑止と検証ではどちらが効果的かを見てみると、「犯罪」では10.2ポイント、「自然災害」では20.2ポイント、「事故」では32.3ポイントの差があり、検証効果の大きいことがうかがえた。

(グラフ2)それぞれの目的に対して、監視カメラは効果があると思いますか?

交通量の多い場所には8割超が賛成、住空間には抵抗も

 続いて、監視カメラの設置場所についてどこまで許容されるのかを見ていく(グラフ3)。「設置すべき」または「どちらと言えば設置すべき」との回答が最も多かったのは「主要道路や交差点など交通量の多い場所」82.1%で、「商店街やスーパーなどの商業施設」77.9%、「共同住宅の敷地周辺と共用部分(出入口や駐車場)」72.5%が続いた。

 反対に「設置すべきでない」または「どちらかと言えば設置すべきでない」との回答は「共同住宅の個人所有部分(玄関や窓)」16.1%、「戸建住宅の敷地内(玄関や窓)」13.7%、「戸建住宅の敷地周辺(敷地の境界)」11.1%の順に多かった。個人の住まいへの設置には否定的な回答がやや多く、共同住宅においては共用部分と個人所有部分との間に25ポイントの開きがあった。

(グラフ3)それぞれの場所への監視カメラの設置について、どのように思いますか?

 監視カメラの設置については、年代の上昇とともに肯定的な回答が増える傾向がうかがえた。また設置場所や効果については目的や具体的な各種犯罪ごとに、性別や年代によって異なる回答が得られた。

 増え続ける監視カメラだけでなく、携帯電話やスマートフォン、ドローンなどによる撮影も身近となり「1億総メディア」とも言われる今、日々の暮らしは常に監視の目にさらされている。アメリカでは設置された監視カメラが3000万台を超えていると言う。

 監視カメラ増加の趨勢はこれからも続くが、その運用については調和のとれたルール作りが今後ますます必要となるだろう。

本調査レポートについて

本調査の詳細なレポートでは、性別や職業などの属性と各設問とをクロス集計した結果もご紹介しており、「政治山会員」の方は会員専用ページにてご購入いただけます。会員登録は無料です。

会員ページへログイン

会員登録フォーム

<調査概要>

調査対象者 全国の20歳以上の男女
回答者数 2,215人
調査期間 2015年9月18日(金)~9月20日(日)
主な質問
【全体集計結果】
基本属性(性別・年代・地域・職業・未既婚・子供の有無)
あなたは監視カメラの設置に対して、どのように思いますか?
以下の目的に対して、監視カメラは効果があると思いますか?
・犯罪の抑止 犯罪の捜査 犯罪の取り調べの可視化
・事故の防止 事故の検証 自然災害の予防・警鐘
・自然災害の記録・検証 日常生活の記録・検証
・職場の勤怠や工程管理 マーケティングへの応用
以下の犯罪に対して、監視カメラは抑制効果があると思いますか?
殺人事件、強盗事件、傷害・暴行事件、万引き、強制わいせつ事件、
家宅侵入、立ち小便、危険運転、ハイジャック
以下の場所への監視カメラの設置について、どのように思いますか?
・役所や図書館などの公共施設
・商店街やスーパーなどの商業施設
・主要道路や交差点など交通量の多い場所
・共同住宅の敷地周辺と共用部分(出入口や駐車場)
・共同住宅の個人所有部分(玄関や窓)
・戸建住宅の敷地周辺(敷地の境界)
・戸建住宅の敷地内(玄関や窓)
・オフィスや工場の敷地周辺
・オフィスや工場の建物内
・山林や河川
監視カメラによって取得した情報の保存期間について、もっとも適切だと思うものをお選びください。
【クロス分析結果】
「性別/年代」「職業」「設置の是非」と各設問との関連性
調査手法 インターネット調査(政治山リサーチ)
調査実施機関 株式会社パイプドビッツ 政治山カンパニー

記事へ戻る

<著者> 市ノ澤 充
株式会社パイプドビッツ 政治山カンパニー シニアマネジャー
政策シンクタンク、国会議員秘書、選挙コンサルを経て、2011年株式会社パイプドビッツ入社。政治と選挙のプラットフォーム「政治山」の運営に携わるとともにネット選挙やネット投票の研究を行う。政治と有権者の距離を縮め、新しいコミュニケーションのあり方を提案するための講演活動も実施している。
関連記事
安保法制反対デモ、参加者は1.8%(2015/9/9)
65%が「高級牛肉から人間ドックまで―ふるさと納税で税と地方に関心を(2015/8/7)
4人に1人が購入、世帯年収の影響も-プレミアム商品券(2015/7/22)
17歳から19歳、65%が『投票に行く』と回答(2015/7/1)
安保法制への「反対」45.2%で「賛成」28.2%を大きく上回る(2015/6/17)
そのほかの調査
関連ワード : 調査 防犯 
Pocket