公文書改ざんの責任、「総理が取るべき」3割超  |  政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ >  調査・分析 >  クリックリサーチ >  公文書改ざんの責任、「総理が取るべき」3割超

政治山クリックリサーチ

公文書改ざんの責任、「総理が取るべき」3割超 (2018/3/23 政治山)

関連ワード : クリックリサーチ 公務員 

 国有地売却をめぐる財務省の決裁文書の書き換えが明らかとなり、波紋を呼んでいます。政治山では「公文書の書き換えや改ざんが行われた場合、誰が責任をとるべきだと思いますか?」といった内容で、政治山ユーザーにアンケートを実施しました。

 もっとも多かった回答は「内閣総理大臣」38.3%で、続いて「担当部局長級」33.9%、「担当大臣」20.0%、「担当者」5.2%、「担当課長級」2.6%という結果となりました。

 学校法人「森友学園」に関する財務省の決裁文書改ざんをめぐっては27日、衆参両院の予算委員会で、当時の同省理財局長だった佐川宣寿 前国税庁長官の証人喚問が行われました。改ざんについて佐川氏は、理財局内で行われたと説明し、安倍総理、麻生財務相らの指示はなかったと証言しました。しかし改ざんの経緯や時期等の質問には、「刑事訴追の恐れ」を理由に証言を拒みました。

政治山クリックリサーチ(3月13日~3月20日実施)

回答数:230
調査期間:2018年3月13日~2018年3月20日
調査方法:政治山クリックリサーチ(択一方式の簡易アンケートシステム)

関連記事
【アンケート】森友問題、今後どう進めるのが望ましい?(~4/3実施)
首相、森友土地取引への関与否定 「あとは国民が判断」
文書改ざん、解明進まず 佐川氏、証言拒否に終始
自公、佐川氏招致を容認 森友改ざん、喚問も検討
森友改ざん、近畿財務局に指示 野党会合で財務省幹部
関連ワード : クリックリサーチ 公務員