飲食店「全面禁煙」は35%、「規制は不要」も3割近く  |  政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ >  調査・分析 >  クリックリサーチ >  飲食店「全面禁煙」は35%、「規制は不要」も3割近く

飲食店「全面禁煙」は35%、「規制は不要」も3割近く (2017/3/14 政治山)

関連ワード : クリックリサーチ 健康 法律 

受動喫煙とは、他人のたばこの煙を吸わされることを指します。そして受動喫煙の防止を定めた健康増進法は、その責任がたばこを吸う人ではなく施設等の管理者にあることを明らかにしています。

受動喫煙の防止は、2020年の東京五輪・パラリンピックのための体裁づくりではなく、増大し続ける国民医療費を削減し、健康寿命を延ばす重要な施策と言えそうですが、その実現に向けて「禁煙」と「分煙」の間で意見が分かれています。

そこで政治山では、「厚労省が示した受動喫煙の防止強化策において、飲食店の規制をめぐり様々な声が聞かれます。あなたは、飲食店でのたばこの扱いをどうするのが望ましいと思いますか?」といった内容で、政治山ユーザーにアンケートを実施しました。

その結果は、「全面禁煙で罰則も設ける」21.8%と「全面禁煙」13.5%をあわせた禁煙派は35.3%、「規模や業態によって禁煙と分煙に分ける」22.4%と「分煙」14.1%をあわせた分煙派は36.5%と拮抗していました。また、「規制は不要」と回答した人も28.2%にのぼり、喫煙者が置かれている現在の環境に対する不満もうかがうことができました。

たばこ自体は嗜好品なだけに意見が分かれるこの問題ですが、好き嫌いではなく客観性と合理性をもって議論を深めていかなければなりません。

政治山クリックリサーチ(2017年2月28日~3月7日実施)

回答数:156
調査期間:2017年2月28日~3月7日
調査方法:政治山クリックリサーチ(択一方式の簡易アンケートシステム)

関連記事
非喫煙者にも健康への深刻な影響を及ぼす受動喫煙
非喫煙者の肺がんリスク、受動喫煙で約1.3倍に
全面禁煙の市庁舎で、なぜ議会喫煙室は廃止されないのか―井関貴史 堺市議
喫煙者が最も「つらい」と感じるシチュエーションは?
受動喫煙で子どもがむし歯に?副流煙による健康被害
関連ワード : クリックリサーチ 健康 法律