県議選に女性擁立は1割 19年統一選の九州調査 新法成立後も男女格差  |  政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ    >   記事    >   県議選に女性擁立は1割 19年統一選の九州調査 新法成立後も男女格差

県議選に女性擁立は1割 19年統一選の九州調査 新法成立後も男女格差 (2018/12/31 西日本新聞)

関連ワード : 地方議員 女性 統一地方選 選挙 

来年4月の統一地方選で行われる九州各県の県議選で、各政党からの候補予定者のうち、現時点で女性が約10%にとどまることが西日本新聞の調べで分かった。5月に成立した「政治分野の男女共同参画推進法」は、政党…[続きを読む]

県議選に女性擁立は1割 19年統一選の九州調査 新法成立後も男女格差
関連記事
全国で901選挙が執行、女性候補者は11.1%―2018年選挙振り返り
亥年の2019年は選挙イヤー、統一地方選と参院選
日本版パリテ法成立、2019統一地方選で女性比率はどこまで上がるか
女性活躍に埋もれる女性の健康―子育てもキャリアもあきらめない社会へ
出産、育児、介護などで医療現場を離れていた医師向けに、都立病院が復職支援―東京都
関連ワード : 地方議員 女性 統一地方選 選挙