選択的夫婦別姓訴訟、第2次提訴「国会を後押ししたい」…憲法14条「信条差別」を主張  |  政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ    >   記事    >   選択的夫婦別姓訴訟、第2次提訴「国会を後押ししたい」…憲法14条「信条差別」を主張

選択的夫婦別姓訴訟、第2次提訴「国会を後押ししたい」…憲法14条「信条差別」を主張 (2018/5/11 弁護士ドットコムニュース)

関連ワード : 夫婦別姓 女性 憲法 法律 

婦別姓の婚姻届が受理されず、法律婚ができないのは違憲だとして、選択的夫婦別姓を求めるグループが5月10日、国に損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。東京地裁立川支部、広島地裁でも訴状が受理される見込みで…[続きを読む]

選択的夫婦別姓訴訟、第2次提訴「国会を後押ししたい」…憲法14条「信条差別」を主張

2015年の最高裁判決から3年、新たな争点で第2次夫婦別姓訴訟を起こした弁護団。代表は榊原富士子弁護士(真ん中)

関連記事
女性が働きやすい企業は男性も働きやすい!健康経営は成熟市場を生き抜く経営戦略―経産官僚に聞く(前編)
少子高齢化時代でも大丈夫!積極的に子育ての幅を広げるコツ
入社式ならぬ、「復職式」を行う企業の狙いとは
女性議員の夫へ突撃インタビュー!3足のわらじで妻をサポート―後藤なみ東京都議
女性の再就職VS高額な保育料!長期的な女性のキャリアを考えよう
関連ワード : 夫婦別姓 女性 憲法 法律