「今の選挙制度は災害に弱すぎる」日弁連、恒久的な制度要望…東日本大震災では被災地に大きな負担  |  政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ    >   記事    >   「今の選挙制度は災害に弱すぎる」日弁連、恒久的な制度要望…東日本大震災では被災地に大きな負担

「今の選挙制度は災害に弱すぎる」日弁連、恒久的な制度要望…東日本大震災では被災地に大きな負担 (2018/1/11 弁護士ドットコムニュース)

関連ワード : 公職選挙法 制度 法律 災害 選挙 

公職選挙法が大規模災害に対する十分な備えを欠いているとして、日弁連は1月11日、法改正を求める意見書を安倍晋三首相ら4大臣に送付した。災害の状況に応じて、柔軟な選択ができるように、(1)大規模災害時に…[続きを読む]

「今の選挙制度は災害に弱すぎる」日弁連、恒久的な制度要望…東日本大震災では被災地に大きな負担

小口幸人弁護士(右)

関連記事
台風が明らかにした選挙制度の課題―高まるインターネット投票への期待
2019年の参院選でインターネット投票の実現は可能か―総務省が検討会立ち上げ
障害者に不利な選挙制度は見直されるのか?―真山仁・おときた駿・斉藤りえ(2)
「共通投票所」の課題と可能性―新たな「投票区外投票」制度へ
法務の観点から考える、BCPの策定
関連ワード : 公職選挙法 制度 法律 災害 選挙