東京財団 週末学校 連載 | 政治・選挙プラットフォーム 【政治山】

トップ >  記事 >  連載・コラム >  東京財団 週末学校 連載

東京財団 週末学校 連載

東京財団 週末学校 連載 政治山では、「住民を主体とする地方自治の実現と、地域の潜在力を活かした多様性あるまちづくりのために、自らの頭で考え、行動を起こすことができる人材を育成すること」を目的とした、地方自治体職員対象の人材育成プログラム「東京財団週末学校」の受講生によるコラムを掲載します。

住民の「想い」から始まるまちづくり:自治体職員の地域での実践

第5回 ないものねだりはもうやめた―みんなで繋ぐ名鉄広見線(2016/12/5)

岐阜県御嵩町 総務部総務防災課財政係 川上敏弘さん
岐阜県御嵩町 総務部総務防災課財政係 川上敏弘さん

地方の自治体では地域の公共交通をどう維持していくか、財政面の逼迫とあわせて大きな課題となっています。廃線の危機にある地域の鉄道路線「名鉄広見線」をきっかけとして、地域の皆さんが、この地域の魅力とは何か、鉄道のあるこの地域の力を活かして何ができるかを考え、実行に移してきたものです。

⇒『第5回 ないものねだりはもうやめた―みんなで繋ぐ名鉄広見線』の全文はコチラ

第4回 鳴子の米プロジェクト―地域をあきらめない哲学の実践(2016/11/9)

宮城県大崎市 産業経済部農林振興課 課長補佐 安部祐輝さん
宮城県大崎市 産業経済部農林振興課 課長補佐 安部祐輝さん

旧鳴子町では市場で勝負するのではなく、人と交流しながら鳴子の農産物を食し感じてもらおうと、グリーン・ツーリズムの考え方を取り入れました。そして持続可能な地域づくりのために地域全体で農業を支えるべく、山間地の「米」に特化して始めたのが「鳴子の米プロジェクト」です。

⇒『第4回 鳴子の米プロジェクト―地域をあきらめない哲学の実践』の全文はコチラ

第3回 道の駅を拠点としたむらづくりで地域創生―株式会社 南山城の挑戦(2016/10/24)

株式会社南山城 代表取締役社長 森本健次さん
株式会社南山城 代表取締役社長 森本健次さん

2017年4月、京都府南山城村に道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」がオープンします。私は高校卒業後31年勤めた南山城村役場を退職し、今年4月から道の駅の運営会社「株式会社南山城」の代表として、運営にむけた準備や商品開発を急ピッチで進めています。

⇒『第3回 道の駅を拠点としたむらづくりで地域創生―株式会社 南山城の挑戦』の全文はコチラ

第2回 「生活している市民の目線で」―習志野市の公共施設再生に見る地方自治のあり方(2016/10/13)

習志野市 政策経営部資産管理室資産管理課 主幹 岡田直晃さん
習志野市 政策経営部資産管理室資産管理課 主幹 岡田直晃さん

現在、公共施設の老朽化に関する課題に取り組んでいない自治体はほとんどないと言えます。取り組みをフェーズに分けるならば、第1は実態把握、第2は計画策定と課題の抽出、そして第3は実行段階と言えるでしょう。習志野市がフェーズ3に進められたのは、説明会に参加した市民の声がきっかけでした。

⇒『第2回 「生活している市民の目線で」―習志野市の公共施設再生に見る地方自治のあり方』の全文はコチラ

第1回 住民自治による地域経営の模索―大町市美麻地区の地域づくり(2016/10/5)

長野県大町市役所(北アルプス広域連合派遣) 大塚裕明さん
長野県大町市役所(北アルプス広域連合派遣) 大塚裕明さん

多くの小規模自治体が市町村合併という手法を用いて、人口減少社会への対応を図ろうとしました。現在、そういった地域では、課題解決の多くが住民の手に委ねられています。私の住む長野県大町市美麻地区(旧美麻村)もその1つです。

⇒『第1回 住民自治による地域経営の模索―大町市美麻地区の地域づくり』の全文はコチラ