山内 幹郎(藤沢市議会議員選挙 )|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページ(政治家プロフィール)に情報掲載するには

山内 幹郎やまうち みきお

選挙
藤沢市議会議員選挙  
投票日
2015年4月26日 
氏名
山内 幹郎やまうち みきお 
得票数
2458 
年齢
67 
性別
男性 
党派
共産 
新旧
新 
主な肩書き
無職 
ウェブサイト
 

上記項目は当該選挙時点の選管情報を掲載しています。写真および下記の略歴・政策等は最終更新日時点の情報です。
(最終更新日 2015年3月28日)

  • 略歴
  • 政策・メッセージ
  • 出身地
    宮崎県
    学歴
    藤沢第一中学
    県立湘南高校
    東大医学部保健学修士
    職歴
    足立区柳原病院
    湘南医療生協
    神奈川みなみ医療生協
    協同組合総合研究所
    HECサイエンスクリニック
    政治を志したきっかけ
    (以下は当時の候補者挨拶です)
     7月1日の戦争する国にする閣議決定をはさんで、藤沢からも大勢のなかまと若者が国会に行きました。私はこの方々と連帯して、連続8日間辻堂駅で、自作の歌をうたいながら宣伝をしてきました。たくさんの励ましと署名を頂いたことは忘れられません。

     私はこれからの選挙では、先ず「共産党に入ろう」ということを訴えます。
     今の社会で一番差別されているのが共産党です。①ポスターもはれない、②某政党からはまたぞろ共産党除いた野党再編などといわれる、或いは選挙では票が無駄になるとかいわれます。
     ところが、中身をよくみれば①政党助成金は貰わない、企業献金も一切なし。そういう政党です。②これまでの法律の賛否をみれば一目瞭然ではありませんか と訴えるつもりです。

     もう一つは非正規労働者の組織化をはかりたいことです
     今の非正規労働者・派遣労働者の比率の増加は異常です。37%です。この10数年間で私たちの賃金は131兆円減らされ、それがそっくり大企業の内部留保にまわされました。大多数の人が生活難の状態です。この上さらに43兆円の賃金をうばう試算が発表されています。こんなことをだまってみているわけにはいきません。

     最後に、美しい湘南海岸の防災機能を高めるまちづくりの訴えです。
     例えば海抜3メートルの湘洋中学の近辺の人は逃げ場がないんです。
     なので、近くの神奈川県の広い空き地に多目的の避難ビルをつくれ‐できないのならせめて避難タワーがほしい ‐こういう切実な声があります。私は最低でも防災設備を備えた避難タワーが必要だと思います。
     共産党の千人を超える住民アンケートに寄せられたたくさんの声を大切にして、その実現のために奮闘してまいります。
    政治・議員活動
    第一次安倍政権の教育基本法改悪・防衛省設置法のときから辻堂駅にて日本共産党辻堂後援会として定例宣伝を開始、同時に辻堂文化九条の会設立に参加し、三人で辻堂九条バンドを結成し不戦の誓いふじさわ平和行動などに参加。第二次安倍政権の時からはその辻堂文化九条の会として毎月定例宣伝を行い憲法の大切さを訴え、また秘密保護法廃止をめざす藤沢の会設立に参加。
    所属委員会
    諸活動(NPO・地域活動など)
    湘南地域合同労組執行委員
    老人クラブ・辻堂の茶話会会長
    座右の銘・好きな言葉
    個性も自然も九条も大事
    血液型・星座
    AB型 ふたご座
    その他(趣味・資格など)
    趣味は作曲 組曲として、引地川 辻堂 甦れはまぼうふう 脱原発・自然讃歌 労働讃歌など →http://members.jcom.home.ne.jp/tsujido-home/99/midi/midi.htm

選挙履歴

投票日告示日選挙名選挙区都道府県
2019年4月21日2019年4月14日藤沢市議会議員選挙神奈川県
2015年4月26日2015年4月19日藤沢市議会議員選挙神奈川県

※選挙履歴は、政治山に登録されている選挙情報を表示しています。