斎藤 一信(笠岡市議会議員選挙)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページ(政治家プロフィール)に情報掲載するには

斎藤 一信さいとう かずのぶ

選挙
笠岡市議会議員選挙  
投票日
2016年4月17日 
氏名
斎藤 一信さいとう かずのぶ 
得票数
1653.858 
年齢
43 
性別
男性 
党派
公明 
新旧
現 
主な肩書き
笠岡市議会議員 
ウェブサイト
 

上記項目は当該選挙時点の選管情報を掲載しています。写真および下記の略歴・政策等は最終更新日時点の情報です。
(最終更新日 2020年3月20日)

  • 略歴
  • 政策・メッセージ
  • 出身地
    岡山県
    学歴
    ○昭和47年12月  笠岡市富岡生まれ(43歳)
    ○昭和60年     笠岡市立中央小学校卒業
    ○昭和63年     笠岡市立笠岡東中学校卒業
    ○平成 3年     岡山県立笠岡高等学校卒業
    ○平成 8年     創価大学経済学部卒業
    在学中に、ロシア国立モスクワ大学МГУ社会学部へ留学。
    職歴
    ○平成24年3月   15年勤務した地元企業を退社。
    ○平成24年4月   笠岡市議会議員選挙初当選。
    ◯平成28年4月   笠岡市議会議員選挙2期目当選

    政治を志したきっかけ
    ☆人間主義の政治を!~ゴルバチョフ氏との出会い~

    大学生時代「ロシアソビエト研究会」の部長時代に、大学創立者と当時のロシアの国家元首ゴルバチョフ氏との対談の場に同席。巨人の対談に「人間主義」を根本とした政治の必要性を学ぶ。

    ☆モスクワ留学~政治の重要性を学ぶ~
    大学在学中、1年間モスクワ大学へ留学。ペレストロイカの真っただ中、国民が政治の混迷した状況に振り回されていることを目の当たりにし、政治の重要性を学ぶ。

    政治・議員活動
    ☆市内全域のコンビニエンスストアにAED設置事業がスタート!
    市内全域のコンビニエンスストアへ自動体外式除細動器(AED)を設置する事業がスタートします。年中無休24時間営業で多くの者が出入りするコンビニへAEDを設置することで,路上や店舗等で心疾患等により倒れた者の救命処置を迅速に対応できるとともに,救命率の向上を図ることができるようになります。 迅速な救急体制で安心のまちつくりに更に努力していきます。

    ☆市役所内に老朽危険家屋対策チーム!
    平成24年9月個人質問にて、所有者の管理が行き届かず市内各地で問題となっている空き家について市役所内に対策チームの立ち上げを実現しました。

    ☆緊急時対策!ヘリポートの離発着場を消防署HPへ掲載
    緊急時に備え、市民の皆様へドクターヘリなどの離発着場をお知らせするために消防署ホームページへの掲載を実現いたしました。

    ☆災害用バイクの導入が決定しました!
    東日本大震災などの大規模災害時には,道路が寸断され,建物の倒壊によるがれきの中でも,機動性の高いバイクは被害状況の把握・連絡や物資の搬送に大変有効です。市は災害用バイクの導入を決定。また,笠岡市社会福祉協議会で保有している13台のバイクを災害時出動協力できるよう協定を結ぶことになりました。

    所属委員会
    ☆常任委員会:建設産業委員会委員長
    ☆一部事務議会:西備地区養護老人ホーム組合 議長
    ☆特別委員会:笠岡湾干拓地内臭気対策特別委員会 副委員長
    諸活動(NPO・地域活動など)
    笠岡西中学校 元PTA会長
    笠岡市立大井小学校 元PTA副会長
    岡山龍谷高校 元保護者会副会長
    笠岡商工会議所 参与
    笠岡市日中友好協会 事務局長
    座右の銘・好きな言葉
    一人を信じ貫く男であれ
    血液型・星座
    O型 やぎ座
    その他(趣味・資格など)
    趣味:読書・釣り
    家族:父・母・妻・長女(大1)・次女(高2)・長男(中1)の7人家族の三世代同居
    資格・免許:防災士、狩猟免許
    好きな食べ物:お茶漬け

選挙履歴

投票日告示日選挙名選挙区都道府県
2020年4月19日2020年4月12日笠岡市議会議員選挙岡山県
2016年4月17日2016年4月10日笠岡市議会議員選挙岡山県
2012年4月15日2012年4月8日笠岡市議会議員選挙岡山県

※選挙履歴は、政治山に登録されている選挙情報を表示しています。