矢口 稔(池田町議会議員選挙 )|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページ(政治家プロフィール)に情報掲載するには

矢口 稔やぐち みのる

選挙
池田町議会議員選挙  
投票日
2015年4月26日 
氏名
矢口 稔やぐち みのる 
得票数
 
年齢
44 
性別
男性 
党派
無所属 
新旧
現 
主な肩書き
会社員 
ウェブサイト
 

上記項目は当該選挙時点の選管情報を掲載しています。写真および下記の略歴・政策等は最終更新日時点の情報です。
(最終更新日 2020年6月17日)

  • 略歴
  • 政策・メッセージ
  • 出身地
    長野県北安曇郡池田町中鵜
    学歴
    昭和58年 池田町立会染小学校 卒業
    昭和61年 池田町立高瀬中学校 卒業
    平成元年 長野県松本工業高校電気科 卒業

    平成30年 早稲田大学 人間科学部 人間環境科学科 卒業
    職歴
    平成元年 株式会社池田エコー 入社
         2年間 日本ビクター株式会社 特約店子弟研修参加
    平成3年 信州青年連帯の船参加
    平成8年 総務庁(現内閣府)主催 第8回世界青年の船参加
    平成10年 長野冬季オリンピック男子滑降大型映像カメラマン
    同年 青年海外協力隊参加 ソロモン諸島にてビデオ技術を約2年間指導
    平成13年 第14回世界青年の船に日本青年サブナショナルリーダーとして参加
    平成15年 内閣府青年国際交流事業ミャンマー団 副団長
    平成20年 社団法人大町青年会議所 理事長
    平成23年 池田町消防団 副団長
    平成23年 池田町商工会青年部長
    平成26年 会染小学校PTA会長
    政治を志したきっかけ
     20歳中頃から青年会議所運動を通じて「まちづくり」、「ひとづくり」について様々な経験を積みました。また、青年海外協力隊や、青年の船事業を通じて国際貢献、交際交流にも興味を持つようになりました。
     平成23年3月に起きた東日本大震災が起きた直後、町民の皆さんを中心に被災地支援団体を立ち上げました。その時、「行政がもっと町民に寄り添うことはできないのか」、「町民の声がしっかり行政に届いているのか」など様々な疑問を持つようになりました。
     以上の経験などから、自らが行政と町民とのパイプ役となり、「我がふるさとをより良い町にしたい!」という強い気持ちが起きました。そして町民の皆様の支援とともに行動を起こすことになりました。
    政治・議員活動
    この4年間で、政策提言型の質問を議会本会議一般質問にて計15回行いました。また、本会議、委員会でも積極的に発言を行ってまいりました。
    青年会議所時代からの人脈を活用し、国会議員等へ直接陳情を行い、事業採択へ向けての道筋をつけました。
    行政と町民との橋渡し役として、問題の大小にとらわれる事なく、相談に乗り、行政へ町民の声として届けてまいりました。
    現在は大学で学んだ最新の町づくりを研究し、即戦力として政策に活かしています。
    所属委員会
    平成27年5月より
    議会運営委員会 委員長
    総務福祉委員会 委員
    平成29年5月より
    副議長
    振興文教委員会 委員
    令和元年5月より
    総務福祉委員会 委員長
    議会報編集特別委員会 委員長
    諸活動(NPO・地域活動など)
    被災地支援池田町民ネットワーク 代表
    大町青年会議所シニアクラブ 会員
    平成26年度 会染小学校PTA会長
    座右の銘・好きな言葉
    吾唯足知(われただたるをしる)
    血液型・星座
    B型 やぎ座
    その他(趣味・資格など)
    資格 第2種電気工事士
       第2級アマチュア無線技士

    趣味 アウトドア・キャンプ、トランペット、アマチュア無線、英会話、ピジン語会話 

選挙履歴

投票日告示日選挙名選挙区都道府県
2015年4月26日2015年4月21日池田町議会議員選挙長野県
2011年4月24日2011年4月19日池田町議会議員選挙長野県

※選挙履歴は、政治山に登録されている選挙情報を表示しています。