浦田 関夫(唐津市議会議員選挙 )|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページ(政治家プロフィール)に情報掲載するには

浦田 関夫うらた せきお

選挙
唐津市議会議員選挙  
投票日
2013年1月27日 
氏名
浦田 関夫うらた せきお 
得票数
1950 
年齢
63 
性別
男性 
党派
共産 
新旧
現 
主な肩書き
農業 
ウェブサイト
 

上記項目は当該選挙時点の選管情報を掲載しています。写真および下記の略歴・政策等は最終更新日時点の情報です。
(最終更新日 2014年8月22日)

  • 略歴
  • 政策・メッセージ
  • 出身地
    学歴
    佐賀県立唐津工業高校 中退
    職歴
    唐津民主商工会
    唐津港運輸(株)
    安田火災海上保険(株)
    (有)セントラル保健企画
    政治を志したきっかけ
    私は、7人兄弟の末っ子とし生まれました。小学校の卒業文集に、将来なりたい職業は「農業改良普及員」と書きました。
    それは、「両親の暮らしを少しでも良くしたい」と思ったからです。
    事情があり、「浦田家を絶やすわけにはいかない」農家を次ぐことになりました。高校入学したばかりの時でした。
     懸命に働いても、米の減反や農産物の輸入で価格が下がることへの矛盾を感じていた時に日本共産党に出会いました。
    政治・議員活動
    一つは、平和の問題です。
    安倍自公政権が進める、「集団的自衛権容認」にもとづく、地方への影響が及ばないようにすることです。
    佐賀空港への「オスプレー配備」です。この問題は、単に沖縄県民の負担軽減にのみならず、集団的自衛権に基づく、日米の軍事基地の全国へ広げるためのもので反対運動をしています。
    二つは、玄海原発再稼働の問題です。
    福島原発事故の原因も究明されず、しかも唐津市民より多い13万5000人が故郷へ帰れずにいます。こんな危険な原発を再稼働させるわけには生きません。
    所属委員会
    都市整備委員会・玄海原発等対策特別委員会
    諸活動(NPO・地域活動など)
    「憲法9条の会」「自由・民主・革新の唐津市民の会」「玄海原発対策住民会議」「国民救援会」など
    座右の銘・好きな言葉
    何事にも一生懸命
    血液型・星座
     
    その他(趣味・資格など)
    写真・絵画鑑賞・ドライブ

選挙履歴

投票日告示日選挙名選挙区都道府県
2017年1月29日2017年1月22日唐津市議会議員選挙佐賀県
2013年1月27日2013年1月20日唐津市議会議員選挙佐賀県

※選挙履歴は、政治山に登録されている選挙情報を表示しています。