熊坂 義裕(福島県知事選挙 )|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページ(政治家プロフィール)に情報掲載するには

熊坂 義裕くまさか よしひろ

選挙
福島県知事選挙  
投票日
2014年10月26日 
氏名
熊坂 義裕くまさか よしひろ 
得票数
129455 
年齢
62 
性別
男性 
党派
無所属 
新旧
新 
主な肩書き
医師、元宮古市長 
ウェブサイト
http://kumasakayoshihiro.jp/ 

上記項目は当該選挙時点の選管情報を掲載しています。写真および下記の略歴・政策等は最終更新日時点の情報です。
(最終更新日 2014年10月8日)

  • 略歴
  • 出身地
    福島県
    学歴
    福島市立野田小学校、野田中学校卒業
    1970年 福島県立福島高等学校卒業
    1972年 東北大学工学部金属系学科中退
    1978年 弘前大学医学部医学科卒業
    職歴
    1978年 弘前大学医学部付属病院医師、第3内科学(現内分泌代謝内科学)講座入局
    1984年 弘前大学医学部助手(文部教官)
    1985年 岩手県立宮古病院内科科長
    1987年 宮古市内に内科病院開業
    1997年 宮古市長就任
    2010年 盛岡大学栄養科学部栄養科学科教授(臨床医学総・各論、健康管理概論等を担当)
    2011年 盛岡大学栄養科学部学部長
    2014年 盛岡大学客員教授
    併せて、京都大学医学部非常勤講師(糖尿病・内分泌・栄養内科学講座)、弘前大学医学部学部長講師(社会医学講座)、日本大学医学部兼任講師(社会医学系公衆衛生学分野)を兼務
    政治を志したきっかけ
    政治・議員活動
    1997年 宮古市長就任
    以降合併後の新宮古市長も含め通算3期12年務め2009年退任
    岩手県初となる田老町、新里村との新設合併、ならびに川井村との編入合併を実現
    所属委員会
    諸活動(NPO・地域活動など)
    これまでに、内閣府社会保障国民会議分科会委員、厚生労働省社会保障審議会医療部会委員、同省少子化社会を考える懇談会委員、同省健康日本21(第2次)策定専門委員会委員、同省都市部の高齢化対策に関する検討会委員、同省地域生活支援計画策定プロジェクト委員会委員、総務省地域経営懇談会委員、同省合併サポーター、全国市長会理事、同地方分権改革推進委員会、同介護保険対策特別委員会委員、新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)メンバー、(社)地域ケア政策ネットワーク代表理事、福祉自治体ユニット監事、(社)成年後見センター・リーガルサポート理事、原発事故子ども・被災者支援法福島フォーラム実行委員長等を歴任。
    現在、厚生労働省社会保障審議会介護給付費分科会委員、同介護報酬改定検証・研究委員会委員長代理、(独)福祉医療機構(WAM)審査・評価委員会委員長、総合研究開発機構(NIRA)新まちづくり研究会委員、医療法人「双熊会」理事長、(社)社会的包摂サポートセンター代表理事、(社)日本病態栄養学会理事、(社)宮古医師会参与等を務める。
    座右の銘・好きな言葉
    血液型・星座
     
    その他(趣味・資格など)
    日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会専門医、医学博士
    2000年 介護支援専門員(ケアマネージャー)資格取得

選挙履歴

投票日告示日選挙名選挙区都道府県
2014年10月26日2014年10月9日福島県知事選挙福島県

※選挙履歴は、政治山に登録されている選挙情報を表示しています。