赤木 幸仁(長崎県議会議員選挙 長崎市選挙区)|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページ(政治家プロフィール)に情報掲載するには

赤木 幸仁あかぎ ゆきひと

選挙
長崎県議会議員選挙 長崎市選挙区 
投票日
2015年4月12日 
氏名
赤木 幸仁あかぎ ゆきひと 
得票数
5918 
年齢
30 
性別
男性 
党派
民主 
新旧
新 
主な肩書き
無職 
ウェブサイト
 

上記項目は当該選挙時点の選管情報を掲載しています。写真および下記の略歴・政策等は最終更新日時点の情報です。
(最終更新日 2014年11月7日)

  • 略歴
  • 政策・メッセージ
  • 出身地
    長崎県長崎市
    学歴
    平成9\t みやま幼稚園、大園小学校を経て
         長崎市立畝刈小学校卒業

    平成12\t 長崎市立三重中学校卒業

    平成15\t 長崎県立長崎西高校卒業
    『一人でも多くの人に一つでも多くの幸せを』志す

    平成20 (国)東京学芸大学教育学部カウンセリング専攻卒業
    職歴
    大学卒業後
    名古屋のベンチャー企業入社 人事本部・商品開発本部歴任

    政治家を志し、社会保障を学ぶため、
    独立行政法人労働者健康福祉機構入職

    大阪維新の会維新政治塾第一期生
    未来政治塾第一期生
    九州の会長崎県幹事就任

    平成26 労働者健康福祉機構退職

    政治を志したきっかけ
    「一人でも多くの人に一つでも多くの幸せを」
    中学生の頃から人を幸せにするために何ができるのか考えるようになり、高校生で人の心と向き合い、幸せの創造を具体化していきたいと思い大学で心理学を学びました。
     心理学を学ぶなかで、学問としての面白さは十分に感じていましたが、「多くの人の幸せ」を考えたり、実際の相談を受ける立場になったりしたときに、カウンセリングだけのスキルでは限界があると思うようになりました。
     長崎は歴史、平和、文化、食と世界に誇れる都市であり、古き伝統を守り、新しきを取り入れ融合し、強い個性とメッセージ性を持つ都市です。大学で東京の街に住むなかで、長崎の素晴らしさというものを改めて感じました。しかし、帰省する度に廃れ行く長崎の街を目の当たりにし、悔しくてたまらない。このままでは長崎が誇る文化・世界へ発信すべきメッセージを持つ街が守れなくなってしまう危機感が募りました。若い世代がしっかり未来のことを考えて今行動しなければ、将来後悔するのは自分達自身になってしまいます。多くの人の幸せを考えているからこそ、ただ現状を憂いて嘆くのではなく、自らが動いて長崎を変えていかなければと決意し、政治の道を志しました。
    政治・議員活動
    この度初挑戦となります。
    所属委員会
    諸活動(NPO・地域活動など)
    一般社団法人長崎青年協会
    日本心理学会認定心理士
    U30からはじめる長崎まちづくり実行委員
    長崎街コン実行委員
    長崎県防災教育振興協会
    古典学習陶冶会長崎支部青年部長
    九州の会長崎県代表幹事
    座右の銘・好きな言葉
    意志あるところに道あり

    草莽崛起

    感謝
    血液型・星座
    A型 いて座
    その他(趣味・資格など)
    【趣味】
    ゴルフ・バスケットボール・バレーボール・サッカー・スノーボード・映画鑑賞・飲み会

選挙履歴

投票日告示日選挙名選挙区都道府県
2019年4月7日2019年3月29日長崎県議会議員選挙長崎市選挙区長崎県
2015年4月12日2015年4月3日長崎県議会議員選挙長崎市選挙区長崎県

※選挙履歴は、政治山に登録されている選挙情報を表示しています。