木村 亮太(枚方市議会議員選挙 )|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページ(政治家プロフィール)に情報掲載するには

木村 亮太きむら りょうた

選挙
枚方市議会議員選挙  
投票日
2015年4月26日 
氏名
木村 亮太きむら りょうた 
得票数
7984 
年齢
31 
性別
男性 
党派
無所属 
新旧
現 
主な肩書き
枚方市議会議員 
ウェブサイト
 

上記項目は当該選挙時点の選管情報を掲載しています。写真および下記の略歴・政策等は最終更新日時点の情報です。
(最終更新日 2019年4月7日)

  • 略歴
  • 政策・メッセージ
  • YouTube
  • 出身地
    大阪府枚方市
    学歴
    1991年:枚方小学校 入学
    1997年:バンコク日本人学校 卒業
    2000年:枚方中学校 卒業
    2003年:四條畷高校 卒業
    2007年:大阪大学経済学部経済経営学科 卒業
    2015年:グロービス経営大学院 修了(経営学修士:MBA)
    2018年:京都大学公共政策大学院 修了(公共政策修士:MPP)
    職歴
    2007年:化粧品を扱うベンチャー企業(株式会社マードゥレクス)に入社
    2010年:政治の世界への挑戦を決意し、退社
    2011年:枚方市議会議員 1期目当選
    2015年:枚方市議会議員 2期目当選
    政治を志したきっかけ
    ■従来の政治に疑問を抱く
    今の日本には自然災害への備えや、年金、医療介護、人口減少、少子化といった様々な問題があります。これらの問題に目を向けた時、その原因は目の前にある大事な課題に向き合わず、問題を先送りにして〝選挙に通るための政治”が続いていることにあると感じました。


    ■若手政治家と出会い、政治の世界に挑戦、政策を提案

    そんな時、インターンシップを通じて若手の政治家と出会う機会がありました。彼らは地域の未来のため、日本の未来のために熱い想いをもって政治に取り組んでいました。その活動に刺激を受けて、従来の政治に疑問や不満を持っているだけでなく、自ら行動し、問題に取り組む必要があると感じ、私も政治の世界に挑戦することを決めました。
    政治・議員活動
    将来に負担を先送りしないための徹底した行財政改革と教育・子育て支援の充実など未来への投資が基本スタンスです。そしてまちづくりの担い手である、地域住民(地域活動やNPO活動)、市役所、議会の環境整備や強化にも取り組んでいきます。
    所属委員会
    諸活動(NPO・地域活動など)
    若者と政治をつなぐNPO法人ドットジェイピー所属
    座右の銘・好きな言葉
    「国があなたに何をしてくれるかを尋ねてはなりません、あなたが国のために何をできるか考えてほしい」
    「青春とは心の若さである。信念と希望にあふれ、勇気に満ちて日に新たな活動を続けるかぎり、青春は永遠にその人のものである」松下幸之助
    血液型・星座
     
    その他(趣味・資格など)

選挙履歴

投票日告示日選挙名選挙区都道府県
2019年4月21日2019年4月14日枚方市議会議員選挙大阪府
2015年4月26日2015年4月19日枚方市議会議員選挙大阪府
2011年4月24日2011年4月17日枚方市議会議員選挙大阪府

※選挙履歴は、政治山に登録されている選挙情報を表示しています。