清水 立雄(ひたちなか市議会議員選挙 )|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページ(政治家プロフィール)に情報掲載するには

清水 立雄しみず たつお

選挙
ひたちなか市議会議員選挙  
投票日
2011年10月23日 
氏名
清水 立雄しみず たつお 
得票数
2840 
年齢
64 
性別
男性 
党派
無所属 
新旧
現 
主な肩書き
ひたちなか市議会議員 
ウェブサイト
 

上記項目は当該選挙時点の選管情報を掲載しています。写真および下記の略歴・政策等は最終更新日時点の情報です。
(最終更新日 2014年7月15日)

  • 略歴
  • 政策・メッセージ
  • 出身地
    学歴
    県立水戸第一高等学校卒
    武蔵工業大学 電気通信工学科卒
    職歴
    東海村役場
    企画総務部長、経済環境部長を歴任
    政治を志したきっかけ
    少子・高齢化社会に突入しようとしているとき、限られた財源にメリハリをつけ、「真に、人にやさしいまち」を目指す。更に、東海村役場職員時、国内初の東海村の燃料加工施設での臨界事故の終息に最前線で働かせていただいた。原子力事故だけでなく一般災害においても多くの知識と経験を居住地であるひたちなか市で役立てたい。
     更に議会に対しては、議会改革に努め、真に市民が望む政策を提言したい。
    政治・議員活動
    ○市町村職員中央研修所や全国市町村国際文化研修所に積極的に出向き、社会保障や議会改革等の研修を受講し、新たな提案や議会改革に努めている。
    ○原子力事故を含む防災対策について、計画に隙間の生じないよう考察する。
    ○東北の被災地を訪問し、慰霊をするとともに、防災対策を学ぶ。
    所属委員会
    ひたちなか市監査委員を歴任
    現在は、ひたちなか市議会副議長
    常任委員会
     予算委員会、決算委員会、経済生活委員会、文教福祉委員会、総務生活委員会を歴任
     現在は、建設経済委員会
    特別委員会
     自治基本条例特別委員会、議会改革調査特別委員会を歴任、現在は、議会改革推進特
     別委員会
    議会内委員
     議会運営委員を歴任
    諸活動(NPO・地域活動など)
    ○地域自治会活動は、30余年行っている。
    ○地域の子供たちにオリジナルの太鼓を指導している。
    ○「ひたちなか市の環境を良くする会」で生ごみの堆肥化実証試験を行っている。
    ○「ひたちなか市国際友好協会」「東海村国際友好協会」会員として活動している。
    ○地域でアマチュア無線クラブを結成し、災害時に安否確認や情報収集ができるよう、日頃から活動している。
    座右の銘・好きな言葉
    巧偽拙誠(「役人や政治家は正直でなければならない。あることを論ずるとき、巧みな説明で国民や市民を納得させてはならない。」私は、この四文字熟語をこのように解するのです。)
    血液型・星座
     
    その他(趣味・資格など)
    ○アマチュア無線局JA1RFZ(第1級アマチュア無線技士)
    ○オーディオ
    ○料理(調理師免許)

選挙履歴

投票日告示日選挙名選挙区都道府県
2019年10月27日2019年10月20日ひたちなか市議会議員選挙茨城県
2015年10月25日2015年10月18日ひたちなか市議会議員選挙茨城県
2011年10月23日2011年10月16日ひたちなか市議会議員選挙茨城県

※選挙履歴は、政治山に登録されている選挙情報を表示しています。