水野 正己(太田市議会議員選挙)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページ(政治家プロフィール)に情報掲載するには

水野 正己

選挙
太田市議会議員選挙  
投票日
2019年4月21日 
氏名
水野 正己 
得票数
2290 
年齢
56 
性別
男性 
党派
共産 
新旧
現 
主な肩書き
 
ウェブサイト
 

上記項目は当該選挙時点の選管情報を掲載しています。写真および下記の略歴・政策等は最終更新日時点の情報です。
(最終更新日 2015年3月30日)

  • 略歴
  • 政策・メッセージ
  • YouTube
  • 出身地
    北海道久遠郡せたな町
    学歴
    1972年、北海道瀬棚郡北檜山町(現:久遠郡せたな町)立左股小学校卒。
    1975年、北海道瀬棚郡北檜山町(現:久遠郡せたな町)立左股中学校卒。
    1981年、北海道立檜山北高等学校卒。
    職歴
    1981年4月より97年11月まで北海道で両親とともに農業(自営)。
    1997年7月、日本共産党に入党。
    1997年12月より98年11月まで(株)富士重工業群馬製作所大泉工場で期間社員として勤務。
    政治を志したきっかけ
    北海道で両親とともに農業(自営。水田、酪農)をしていましたが、農産物の輸入自由化による生乳の生産者価格や牛の個体価格の下落から、国の農業政策や経済政策を考えるようになりました。
    その頃、日本共産党の町議からいただいた党の綱領パンフレットを読み、農業つぶしのおおもとに日米安保条約があることに気づきました。同時に、一貫して農産物の輸入自由化に反対してきたのは日本共産党だけであり、経済、外交・安全保障など、その主張には、たしかな道理と大義があることに気づき、日本共産党に入党しました。
    ただし入党した当時は、まさか自分が議員になるとは夢にも思いませんでした。
    政治・議員活動
    1998年12月より03年4月まで日本共産党東毛地区委員会に勤務。
    1999年4月、群馬県尾島町議選に立候補・次点。
    2000年12月より日本共産党東毛地区委員・群馬県委員。
    2003年4月、群馬県尾島町議選に再び立候補し当選。
    2003年4月、日本共産党東毛地区委員会を退職。
    2005年3月、尾島町、新田町、藪塚本町、太田市の合併により太田市議会議員に。
    2007年4月、太田市議選・当選。
    2007年5月より日本共産党東毛地区常任委員。
    2011年4月、太田市議選・当選。現在3期目。
    所属委員会
    都市建設常任委員会
    議会運営委員会
    議会改革調査特別委員会
    諸活動(NPO・地域活動など)
    石原町1区体育協会。
    石原町祇園囃子保存会。
    座右の銘・好きな言葉
    道理
    血液型・星座
    O型 やぎ座
    その他(趣味・資格など)
    【趣味】
    ●太鼓(地元の石原町祇園囃子保存会に加入)
    ●バイク(7年間乗っていませんが、また乗りたいといつも思っています)
    ●スキー(この16年間はスキー場に行っていませんが、また行きたいといつも思っています)
    ●スポーツ(普段は地元の石原町1区体育協会で活動。たまに選手になります。柔道初段)
    ●読書(漫画と推理小説)
    【資格】
    ●中型運転免許(8t以下限定)
    ●普通2輪運転免許 
    ●大型特殊運転免許
    ●危険物取扱者・乙種4類

選挙履歴

投票日告示日選挙名選挙区都道府県
2019年4月21日2019年4月14日太田市議会議員選挙群馬県
2015年4月26日2015年4月19日太田市議会議員選挙群馬県
2011年4月24日2011年4月17日太田市議会議員選挙群馬県

※選挙履歴は、政治山に登録されている選挙情報を表示しています。