砂場 隆浩(鳥取県議会議員選挙 鳥取市)|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページ(政治家プロフィール)に情報掲載するには

砂場 隆浩すなば たかひろ

選挙
鳥取県議会議員選挙 鳥取市 
投票日
2011年4月10日 
氏名
砂場 隆浩すなば たかひろ 
得票数
4612 
年齢
47 
性別
 
党派
無所属 
新旧
新 
主な肩書き
元新聞記者 
ウェブサイト
 

上記項目は当該選挙時点の選管情報を掲載しています。写真および下記の略歴・政策等は最終更新日時点の情報です。
(最終更新日 2014年11月27日)

  • 略歴
  • 政策・メッセージ
  • YouTube
  • イベント情報
  • 出身地
    学歴
    福岡教育大学服属福岡小・中学校
    福岡県立福岡高校
    広島大学
    職歴
    朝日新聞社員(鳥取総局、福山支局、京都総局、大阪本社夕刊取材班、東京本社地域報道部、立川支局、東京本社社会部、整理部地方版編集、鳥取総局、松山総局、米子支局長、鳥取総局次長)
    男女共同参画推進会議とっとり副会長
    因幡民謡貝がら節保存会会長
    子どもの権利フォーラムとっとり実行委員
    鳥取こども会議代表
    政治を志したきっかけ
     正論を正論として通したい青臭い人間ですので、正論を吐くことが仕事の新聞記者になりました。
    事故の現場で、福祉の現場で、地方自治の現場で、政治の駆け引きの現場で、なんと理不尽なことの多いことか。そう記者になって感じました。
    隠れた事実を明らかにすることで、少しでも額に汗した苦労が報われる社会にしたいと取材や執筆を続けていました。
    初任地である鳥取は、課長、米子支局長、総局次長と4回の勤務でしたが、着任するたびに疲弊の度合いが増していきます。
    しかし、危機感のない、無責任な市政が続いており、これを変えようと市長選に挑戦したものの、余所者批判と厚い保守地盤に阻まれて、あえなく落選。落胆していると、「全国紙の記者として多くの地方自治体を取材してきた経験と情熱を県議になって鳥取のために活かすべきだ」と何人もの方にお声を掛けていただきました。
    そこで、一念奮起して統一地方選に挑戦。鳥取県議会議員として、政治の世界で第二の人生を始めました。
    政治・議員活動
    農林水産商工常任委員会
    高速交通網等調査特別委員会
    広報委員会
    議会改革推進会議
    政策調整会議
    所属委員会
    農林水産商工常任委員会
    高速交通網等調査特別委員会
    広報委員会
    議会改革推進会議
    政策調整会議
    諸活動(NPO・地域活動など)
    《1》子どもの人権を守る活動
    鳥取弁護士会や児童福祉団体の皆さんで構成する「子どもの権利条例」の制定に向けての勉強会に参加しているほか、今年は子どもの権利条約制定25周年、批准20周年の記念すべき年でしたから、子どもの人権フォーラム「聴いていますか?子どもの声を」を開催するための実行委員会にも参加していました。次男が通う青翔開智中学校・高等学校FTA(家族教師会)の副会長を務めるのも、私の政治団体の名称を「鳥取こども会議」にしたのも、子どもの未来を拓くのは大人の責任と思っているからです。
    《2》女性が輝くための活動
    男女共同参画推進会議とっとりの副会長として、様々な研修会や勉強会を企画したり、参加させて頂いたりしています。男女共同参画社会を実現するためには女性の肩にずっしりとかかる介護と子育ての負担を軽減することに尽きると思っています。また、経済的に苦しいケースが多い、ひとり親家庭の支援も重要。そうした視点に立って活動しています。
    《3》地域の伝統文化を守る活動
    貝がら節は鳥取県の大切な郷土文化です。全国発信と子どもたちへの伝承を目指した因幡民謡貝がら節保存会の会長も務めています。
    座右の銘・好きな言葉
    こうならなければならないことは何もない
    問題は先鋭化させると解決策が見えてくる。
    血液型・星座
     
    その他(趣味・資格など)
    人と会って話を聞かせてもらうこと。
    読書と法律書の収集。映画鑑賞(近頃はもっぱらDVDですが……)と、とても下手ですがゴルフ。

選挙履歴

投票日告示日選挙名選挙区都道府県
2011年4月10日2011年4月1日鳥取県議会議員選挙鳥取市鳥取県

※選挙履歴は、政治山に登録されている選挙情報を表示しています。