青木 崇(松本市議会議員選挙 )|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページ(政治家プロフィール)に情報掲載するには

青木 崇あおき たかし

選挙
松本市議会議員選挙  
投票日
2015年4月26日 
氏名
青木 崇あおき たかし 
得票数
3478.11 
年齢
25 
性別
男性 
党派
無所属 
新旧
新 
主な肩書き
一般社団法人信州観光推進協議会 職員 
ウェブサイト
 

上記項目は当該選挙時点の選管情報を掲載しています。写真および下記の略歴・政策等は最終更新日時点の情報です。
(最終更新日 2018年11月29日)

  • 略歴
  • 政策・メッセージ
  • 出身地
    長野県松本市
    学歴
    職歴
    1989年(平成元年)12月30日、松本市岡田生まれ。松原在住。本郷幼稚園卒。岡田小を転校後、明善小・中卒。深志高校60回卒。公立高崎経済大学在学中、衆議院議員公設秘書へ。2015年4月に3,478票を頂き、県内初の平成生まれ議員・最年少松本市議会議員として新人トップ、3位で初当選。
    政治を志したきっかけ
    ごみ処理場や尖閣諸島の問題を報道で見たことや、20歳の時に起きた東日本大震災をきっかけに、社会・政治に関心を持つようになりました。その後、松本市内で議員秘書や若者団体、公民館活動を経験する中で、「もっとこうなったらいいのに」と感じていた松本の課題に挑戦したいと考え、議員を目指しました。
    政治・議員活動
    ○議員としてやりたいこと
    子育て・教育・交通・経済・文化芸術・健康・防災等のテーマを充実・改善することで、松本の潜在力を引き出し、若者からお年寄りまで安心・安全に暮らせる魅力的なまちにしたいです。
    また、ネットを使った情報発信や、みなさんの声を集めることを通して、「一番身近な議員」を目指します!

    ○議員として心がけていること
    1,何かを判断する時には、将来の松本市と次世代の子どもたちのためにはどうするべきか、考えるようにしています。
    2,二元代表制の地方議会としての役割を果たすため、是々非々の姿勢で行政をチェックしています。
    3,情報が届きにくい若者や働く世代の声を市政に反映するために、積極的にネットで情報発信しています。

    ○具体的に取り組んでいること
    まだ松本市に待機児童がいなかった平成28年の9月議会で、待機児童の前段階にある「隠れ待機児童(第1希望園に入れない子ども)」の対策を求めました。
    当時、待機児童につながる恐れもあったことから、保育士不足解消のため、嘱託保育士の給料をアップすることと、正規保育士の採用を増やすことを提案し、待機児童解消に向けて実施されています。
    所属委員会
    平成27年度 経済地域委員会副委員長
    平成28年度 建設環境委員会副委員長
    平成29年度 教育民生委員会副委員長
    平成30年度 建設環境委員会 交流部会副部会長
    諸活動(NPO・地域活動など)
    松本青年会議所
    松本中央ライオンズクラブ
    松本法人会
    保護司
    座右の銘・好きな言葉
    思い立ったが吉日
    血液型・星座
    O型 やぎ座
    その他(趣味・資格など)

選挙履歴

投票日告示日選挙名選挙区都道府県
2019年4月21日2019年4月14日松本市議会議員選挙長野県
2015年4月26日2015年4月19日松本市議会議員選挙長野県

※選挙履歴は、政治山に登録されている選挙情報を表示しています。