杉並区長選 現職の田中氏が3選  |  政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ    >   記事    >   杉並区長選 現職の田中氏が3選

杉並区長選 現職の田中氏が3選 (2018/6/25 政治山)

関連ワード : 杉並区 東京 選挙 選挙結果 

 任期満了に伴う杉並区長選(東京)は24日投票、翌25日に開票され、無所属現職の田中良氏(57)が7万3233票(得票率50.3%)を獲得し、弁護士の三浦佑哉氏(34)、元区議の木梨盛祥氏(68)、営業コンサルタントの南俊輔(33)の無所属の新人3人を退けて3選を果たしました。

杉並区長選挙(2018年6月24日投票)投開票結果

 田中氏は杉並区出身、明大政治経済学部卒。テレビ東京勤務を経て、1991年区議選に初当選、1993年から都議を5期務めました。2010年杉並区長選に初当選して現在2期目です。

 また同じ日程で行われた区議補選は、自民元職で会社顧問の小川宗次郎氏(52)と立憲新人で政党役員の関口健太郎氏(26)が当選しました。

 当日有権者数は24万6800人。投票率は市長選・市議選ともに32.31%で、区長選は前回(2014年)を3.52ポイント上回りました。

関連記事
杉並区長選挙(2018年6月24日投票)投開票結果
杉並区議会議員補欠選挙(2018年6月24日投票)投開票結果
津南町長選 桑原氏が新人対決を制し、31歳最年少町長に
五所川原市長選 佐々木氏が初当選、自公推す候補破る
加古川市長選 現職の岡田氏が再選、市議31人の顔ぶれも決まる
関連ワード : 杉並区 東京 選挙 選挙結果