中原 智昭(春日市議会議員選挙 )|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページ(政治家プロフィール)に情報掲載するには

中原 智昭

  • 中原 智昭
選挙
春日市議会議員選挙  
投票日
2011年4月24日 
氏名
中原 智昭 
得票数
1339 
年齢
50 
性別
男性 
党派
無所属 
新旧
新 
主な肩書き
 
ウェブサイト
 

上記項目は当該選挙時点の選管情報を掲載しています。写真および下記の略歴・政策等は最終更新日時点の情報です。
(最終更新日 2014年5月12日)

  • 略歴
  • 政策・メッセージ
  • 出身地
    学歴
    小学校5年生時に粕屋郡古賀町(現古賀市)に転居し、同市内の小中学校卒業
    福岡市立博多工業高等学校に入学し、現在の基礎を学ぶ
    職歴
    高校卒業後、建設関連企業に入社し、21歳で結婚。現在、妻と長男、長女の父親。
    その後二つの企業で勉強し、26歳で無謀にも独立。建築設計デザイン事務所設立
    平成6年3月福岡県春日市の住民になり、現在20年目(平成26年4月現在)
    政治を志したきっかけ
    長年、スポーツ少年団の活動を行ってきた経験から、子どもたちの笑顔や涙に触れて、子どもたちには、スポーツとは、技術の向上や勝利だけを求めるのではなく、他人を思いやれるやさしい心や、ルールを守る大切さを教えながら、豊かな人間性と社会性を身につける人間になることを中心に伝えてきたが、どうしても現在の学校教育の場では、社会情勢の変化もあるが、なかなか人間としてのもっとも大切なことが、置き去りにされているように思えていた。また、特に春日市は財政上大きな収入源もなく、現在の11万人という人が財産と考えるようになり、子どもたちの教育こそが、将来の春日市には、重要課題だとも考えるようになり、現在の市長・教育長の考えにも感銘を受け、一人でも多くの子どもたちが、大人になったとき春日市を「ふるさと」と感じ、戻ってきてくれる街づくりが、大切なことたど感じるようになり、子どもたちの教育環境のさらなる改革・推進を信条とし、市議会議員を目指した。
    政治・議員活動
    所属委員会
    地域建設委員会・議会運営委員会・議会報特別委員会・決算特別委員会・予算特別委員会
    諸活動(NPO・地域活動など)
    平成4年長男の小学校入学を機に、スポーツ少年団(ソフトボール)に入団し、自分自身もスポーツの指導に当たり、現在まで継続中となる。
    平成8年より5年間、春日東小学校のPTA役員として子どもたちと触れ合い、平成12・13年に会長となり、同年春日東小学校50周年記念事業を行う。
    平成15・16年長女中学校入学を機に、春日東中学校PTA会長を2年間務める。
    平成22年これまた、春日東中学校50周年記念事業に、副実行委員長として参加。
    PTA活動と同時に、地域(若葉台西自治会)役員や副会長として6年間活動。
    自己スタンスとしての、春日市スポーツ少年団活動は、現在(平成26年)で22年目となり、その間各団体の役職をボランティアとして務め、平成26年3月まで本部長として、春日市教育委員会と連携し、地域の教育力としての活動を行う。
    座右の銘・好きな言葉
    「一日生きることは、一歩進むことでありたい」 by湯川秀樹
    血液型・星座
     
    その他(趣味・資格など)
    ボランティア・子どもたちと遊ぶこと

選挙履歴

投票日告示日選挙名選挙区都道府県
2019年4月21日2019年4月14日春日市議会議員選挙福岡県
2011年4月24日2011年4月17日春日市議会議員選挙福岡県

※選挙履歴は、政治山に登録されている選挙情報を表示しています。