小泉 一真(長野市議会議員選挙 )|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページ(政治家プロフィール)に情報掲載するには

小泉 一真こいずみ かずま

選挙
長野市議会議員選挙  
投票日
2011年9月18日 
氏名
小泉 一真こいずみ かずま 
得票数
3431.208 
年齢
45 
性別
男性 
党派
無所属 
新旧
新 
主な肩書き
作家 
ウェブサイト
 

上記項目は当該選挙時点の選管情報を掲載しています。写真および下記の略歴・政策等は最終更新日時点の情報です。
(最終更新日 2019年9月7日)

  • 略歴
  • 政策・メッセージ
  • YouTube
  • 連載・コラム
  • 出身地
    長野県長野市
    学歴
    ◆長野市立朝陽小学校、長野市立東部中学校、長野県立長野高等学校卒業
    ◆早稲田大学教育学部社会科学専修中退
    職歴
    ◆長野県庁職員として1992年から奉職。2010年8月、県庁の問題を実名で綴るブログ「長野県庁 vs 小役人」をスタート。
    ◆2011年、「長野県庁の『不都合な真実』」(川辺書林)を発表。平安堂「売れ筋ランキング」で最高2位
    政治を志したきっかけ
    中学生のころから、生徒総会議長などの活動を通じて、公共の仕事を志すようになり、東京都足立区役所を経て長野県庁に入りました。しかし、お役所の内側から見ると、住民本位というよりは、お役所の都合優先、お役所のための仕事になっていることがあるのではないかと疑問を持つようになりました。
    正論が通る、市民第一の行政にしていく必要があると考えるようになり、「長野県庁の『不都合な真実』」を出版。県庁を44歳で退職。退路を断って長野市議選に立候補、当選させていただきました。立候補の初心は、忘れないように心がけています。
    政治・議員活動
    ◆2011年、落選者7名を数える激戦で、初当選。
    ◆2012年、市議会会派・改革ながのを脱退。会派に発言を縛られない無所属としての活動を決意
    ◆2016年、長野県林務部が虚偽の書類で林道整備補助金を国から不正に交付させていた大北森林組合補助金不正支給事件に対する住民監査請求を主導。県は関係職員に損害賠償請求した。
    ◆2017年、市町長、議員、監査委員らによる私的な宴会に公費が支出されていた千曲衛生施設組合公費飲食事件の存在を指摘。返金を迫る小泉と長野市議会が対立。2018年、返金を求める請願に賛成する小泉の討論が「議会の品位を汚した」として共産党が懲罰動議提出を主導。不当にも戒告となる。信濃毎日新聞は「批判に対する村八分」等の見出しで報道。
    所属委員会
    諸活動(NPO・地域活動など)
    ◆長野市議会の「ラーメン大好き小泉さん」。Facebookグループ「長野市のラーメンUPする会」(メンバー2800名)で、長野市の多彩なラーメン文化を全国に発信中です 
    座右の銘・好きな言葉
    「断じて行えば鬼神もこれを避く」
    血液型・星座
    O型 おひつじ座
    その他(趣味・資格など)
    著作「長野県庁の『不都合な真実』」は平安堂売れ筋ランキング2位獲得

選挙履歴

投票日告示日選挙名選挙区都道府県
2019年9月15日2019年9月8日長野市議会議員選挙長野県
2015年9月13日2015年9月6日長野市議会議員選挙長野県
2011年9月18日2011年9月11日長野市議会議員選挙長野県

※選挙履歴は、政治山に登録されている選挙情報を表示しています。